カードローンの仮審査に通ってもお金を借りられるとは限らない?

仮審査と本審査の違いが分かりますか

 

カードローンを申し込もうと思ったとき、仮審査と本審査があることを知っていますか?カードローンの審査は実は2段階に分かれていることがほとんどです。

 

まず、最初に行われるのが仮審査です。これは、ただ機械的に借りれるかどうかの判断をしているだけです。たとえば、ネットなどで申し込みをするときに、すぐに借りれるかどうか結果がわかることがあります。

 

入力した情報によって判断されているだけで、情報に不備がないことを前提にした結果に過ぎません。カードーローンの所有率は年々高まっていますが、このスピード審査が原因と言えます。

 

しかし、あくまでも仮の審査なのでこのままではカードローンを作ることはできません。本審査に通ることで初めて作ることができます。

 

カードローンの本審査とは

 

本審査では、仮審査で得た情報が本当かどうか書類などで調べることになります。また、職場に確認のために電話がかかってきたりすることもあります。仮審査は、コンピュータが行う機械的なものですが、本審査は本人確認の書類などのチェックを人の手で行うことになります。

 

仮審査の情報と本審査の情報がかけ離れていると、本審査で落ちることになり、カードローンを借りることができなくなってしまいます。年収の申告や他社からのカードローンの借り入れなどの情報の詐称が分かると、仮審査には通っても本審査では落ちることになるので注意しましょう。

 

審査が厳しいと言われていた銀行系のカードローンですが、最近は消費者金融並みに審査が通りやすくなってきたと言われています。消費者金融会社を傘下に持つ銀行が増えてきてるためで、カードローンの審査も昔に比べると、かなり緩くなってきているようです。