カードローンの仮審査では過去の滞納が調査される?

別の会社で借りたカードローンも調査される

 

カードローンへ申し込む際には、過去に借入した時の滞納などの情報を調べられることがあります。全くカードローンを利用したことがないという人は関係ないと思うかもしれませんが、例えば、携帯電話を割賦契約しているような状況で支払いを滞らせてしまった場合も該当します。

 

仮審査におけるカードローンの借入れ調査

 

この調べられる情報は信用情報といい、申し込みした会社での履歴だけでなく、その人の情報として共有されているようなものですので、軽視することはできないのです。

 

この信用情報には、返済などを滞らせてしまった情報や他社のカードローンの利用状況など様々な情報があります。滞納などの履歴がなくても、現在他社のカードローンの返済が終わっていなければ、その残高などが審査の対象となることもあります。

 

このような情報については、審査に通るかどうかだけではなく、借入限度額などにも影響があります。

 

仮審査への申し込みは1社に絞る

 

仮審査に通るかどうか分からない時には、念のために他のカードローン会社にも申し込みしておきたくなるかもしれません。申し込みは、インターネットを利用すれば簡単になっていますので、複数の会社に申し込みしてしまう人もいます。

 

しかし、一度に複数の会社に申し込みしてはいけません。一度に複数の会社への申し込みをしたという行為が、審査においては悪い印象になってしまうのです。

 

したがって、カードローンの申し込みをする場合には、よく考えた上で1社に絞るようにしましょう。もし仮審査で落ちた場合には、その理由を解消するとともに、少し時間的にも間隔を空けてから再び挑戦することをオススメします。