カードローンの仮審査を通過するコツって!?

会社によって審査基準は違うんです!

 

あなたがカードローンを作ろうとしたときに、まず考えるのは仮審査通過するために必要な条件・ステップではないでしょうか?どの会社でもカードローンの審査方法や基準ははっきりとは記載されていません。

 

第一カードローン会社によって審査基準は違うわけですから、はっきりと『これなら大丈夫』と言うものはないのです。

 

カードローンには銀行系のカードローン(例東京スター銀行 のりかえローン)と消費者金融会社系のカードローン(例アイフルローン)があります。この2種類のカードローンでは審査基準が違うようです。(特に他社の借入状況)

 

共通点は年齢・勤務先・勤続年数・年収・他社からの借入額が最低限のものであるかなどです。仮審査の通過はそれらが判断材料とされることが多いようです。

 

仮審査に通過しても注意!

 

仮審査通過したからと言って確実に現金を受け取れるとは限りません。仮審査はコンピュータによる自動審査です。入力情報を信用情報機関に照会するだけです。

 

なので他社からの借り入れの際に事故情報や、複数の借入件数があったりすることが分かると、仮審査でも落ちることがあります。最近では携帯を割賦契約した場合の滞納も審査内容に入っていることがあるので、注意しましょう。

 

仮審査通過するには、他社の借入件数・金額を減らし、事故情報が無効になる時期を待つ、申請会社を変える、前回の仮審査の申込が直近なら、申込期間を開けるなどの方法があります。短い間隔で仮審査を依頼するとそれだけで通過しないことがあります。